スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチポワン HandbagMirror

「Roman Pigeon」の白い方。

5

というわけで、白いキャンバスの方は「ハンドバッグミラー」に作ります。
これは商品名のようで、イギリスのフレームクラフト(FrameCraft)という所の
手芸用パーツみたいな感じでしょうか。
こちらも越前屋さんで入手できます。

1

① スポンジ
② 厚紙
③ 保護フィルム(透明)
④ 説明書(というほどの説明は無い)
⑤ 外枠
⑥ 内枠
⑦ 鏡
⑧ 袋(簡単な作り)

以上で一組。
コンパクトみたいに上下に開くタイプではありません。
刺繍面の裏が鏡、というシンプルなモノです。
あと説明書は本当に簡単な説明で、要は「こう↓重ねてください」という
間違いようもない話が書いてあります。

2

そのしようもない説明書、「型紙」くらいの役には立ちますので
取りあえず捨てずに使ってしまいます。
折って円の中心点を出し、図案の中心に針で留めて円周を書きます。
ズレないように気をつけましょう~

3

ハートマークはプレゼント先の相手のイニシャルなので隠してみたり。
蛇足ながらミラーの説明画像の、下に敷いているアルファベット図案を
使っています。
Sajouのだったと思いますが、どこの何を使ったのかちょっと失念。
お詫びと言ってはなんですが、アルファベット図案はコチラ
探されるといいかもしれません。
無料配布だそうで感謝感激。

4

そして地刺し、輪郭をとった中をひたすら埋めます。
初め薄いピンクにしてみたんですが合わなくて、グリーンを
使ってみました。
糸を抜くのが物凄く大変でした。
プチポワンは親子で50年使えるというお話がありますが
本当かもしれない・・・と実感させられましたw

m1

そして縫代をつけて、ほつれ防止にミシンをかけてから
カット。

m2

pm3

厚紙を芯にして、周囲をぐし縫いで縮めて

m4

固定。

m6

後は順番に重ねて出来上がり、になります。

m7

もっと縫い代つけても良かったかなーとか
枠で押さえられて取れる心配はないし、何か保護カバーは
不要だったかなーとか
結局スポンジいらなかったよ?とか
改良点は色々あるのですが、
枠の上下を一度嵌めてしまうと本当に全く取れなくなってしまうので
微調整というのが出来ません。
チャレンジしてみようと思われた方は、そこだけ御注意ください♪
以上「ハンドバックミラーの作り方」でした。
スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

くるみ

Author:くるみ
Studio Golden Walnut
管理人。
石と暮らす日々の独り言。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
過去ログ
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Googleブログサーチ検索窓
Copyright © BLOG5 All Rights Reserved.
ブログ内検索
メールフォーム
ご来訪の記念にどうぞ一言。

名前:
メール:
件名:
本文:

Thanks for your click!!
blogram投票ボタン
Thanks for your visit!!

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。